[ゼミ・講義紹介]
グループ・ディスカッション:基礎ゼミ(1年生)の合同ゼミ        (会計ファイナンス学科)
2014.10.07 (1277 ヒット)

 問題発見・解決能力を育成するために,1年生ゼミ合同でグループ・ディスカッションを行いました。

 テーマを与えて,グループ内でいろいろな意見を出し合い,議論しながら意見をひとつにまとめていくというものです。

 問題発見・解決能力は,企業の採用基準のトップで,仕事に必要な能力です。

 ただ,この能力は,大学の偏差値とあまり関係は無く,むしろ見聞きしたことや調査などといった経験(「知見」)と関係が深い能力です。


 会計ファイナンス学科では,2年生から3年生で金融機関や企業の調査,日銀や金融機関の担当者の講演を通じて,学生の「知見」の部分の育成に努めています。

 この前段階の取組として,1年生ゼミ合同でグループ・ディスカッションを行いました。

 テーマは「企業の責任」というテーマでしたが,学生さんは教員の指導を少し受けながら,頭を抱えながら取り組んでいました。

 

 ただ,次回は,何のテーマにするか,どのように指導するか,教員が頭を抱えています。

(文責:三好 元)


リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定