[資格支援]
経営学科の学生3名がリテールマーケティング(販売士)2級に合格
2016.04.14 (1312 ヒット)

■ 経営学科の3名の学生が日本商工会議所の検定試験の一つであるリテールマーケティング(販売士)検定2級の第44回試験(平成28年2月17日実施)に合格しました。合格したのは経営学部経営学科3年の柿村月袈さん(岩内高校出身)、高柳ゆうなさん(札幌稲雲高校出身)、中野智貴さん(滝川西高校出身)です。今回合格した柿村さんはすでに日商簿記2級に合格し、高柳さんはFP3級に合格しています。

  

     柿村月袈さん             高柳ゆうなさん             中野智貴さん


■ リテールマーケティングは、2月と7月の年2回実施される検定試験で、?小売業の類型、?マーチャンダイジング、?ストアオペレーション、?マーケティング、?販売・経営管理の5科目から構成されています。2級は、小売業界での売り場主任や部課長などの中堅幹部クラスに求められる知識のレベルであり、大手の小売業などでは部課長への昇進試験に活用しているところもあります。

■ なお2級と同日に行われた3級の試験では、経営学科2年生の打田憲也さん(八雲高校出身)、肴倉勇人さん(青森中央高校出身)、佐々木優悟さん(滝川西高校出身)、白川敬悟さん(下川商業高校出身)の4名が合格しています。

■ リテールマーケティングは、将来流通業界で働きたいという人だけに有利な資格ではなく、日々利用する小売店を通して流行がどう変わっているのか、流行はどう作られているのか、また消費者の満足はどのように満たされていくのかという、広くマーケティングに関わる力を付けるための資格となっているため、流通業界以外で働く社会人にとっても価値ある資格だと言えます。経営学部の多くの学生諸君のチャレンジを期待しています。


リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定