[フィールド実践]
江別工業団地広報プロジェクトがスタートしました。
2016.07.29 (1222 ヒット)

 経営学科キャリアマーケティング専攻では、2016年度の新たな取り組みとして、3年次25名が教員5名と共に、江別工業団地協同組合の広報プロジェクトをスタートさせました。そのプロジェクトにおける2016年度前期の取り組みを紹介します。

 


ご協力頂いた北海道中央食糧株式会社での取材

(左写真、前列左・取締役業務部長兼工場長挾田真二さん、前列右・業務部工場課長田中淳三さん)



■工業団地協同組合は、江別市工栄町全域にある工業団地の組合組織で1974年(昭和49年)に設立されました。2016年5月現在で、134社が加盟する大規模な組合となっています。この組合に加盟する企業を紹介する企画において、キャリアマーケティング専攻が連携させていただくことになりました。

◆方向性の検討…3月・4月に、江別工業団地協同組合と江別市役所の方たち、そして大学の教員5名(渡邊先生、石川先生、吉川先生、橋長先生、碓井先生)が、プロジェクトの方向性について相談をしました。その後、学生を5名ずつの5グループに分けて、取材と編集の準備段階に入りました。

◆写真撮影のための講座…6月3日、エムフォトワークスの浅野久男さんから、デジカメの基本操作と撮影で失敗しない要点を教えていただき、学生全員が実際に撮影してみました。


 


◆講演の開催…6月10日、江別工業団地協同組合理事の龍田昌樹さんと協同組合事務局長の村田京華さんより、組合についての詳しい説明と今回のプロジェクトへの期待について講演していただきました。

 

     江別工業団地協同組合 龍田理事         江別工業団地協同組合 村田事務局長

続いて、江別市企画政策部広報広聴課長の大川直久さんより取材の流れや心構えについて、また同課広報広聴係主事の保坂由紀子さんから取材記事の編集方法について詳しくお話ししていただきました。

 

 江別市企画政策部広報広聴課 大川課長           同課広報広聴係 保坂主事

◆取材と編集活動の開始…学生を5名ずつの5グループに分け、6月24日に取材が始まりました。その後、グループごとに記事とレイアウトを検討し、7月22日には5グループがそれぞれ作成した原稿を、江別工業団地協同組合の村田さん、そして江別市企画政策部の大川さんと保坂さんにプレゼンしました。

 

         1班岩渕平君の発表             江別工業団地協同組合 村田事務局長

 

  江別市企画政策部広報広聴課 大川課長           同課広報広聴係 保坂主事

 学生からのプレゼンに対し、3人の方から多くのアドバイスをいただきました。そのアドバイスを活かしながら編集を再検討し、より良いものに仕上げる取り組みが始まります。そして後期からは、本格的に取材と編集活動を行っていきます。

■今回、取材先の企業の方々を含め、多くの方にご協力とご指導いただくことで、このプロジェクトをスタートすることができました。感謝申し上げますとともに、今後ともご指導のほど、宜しくお願いいたします。


リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定